-  障がい者サポート -

- 障がい者サポート -

障がい者ポート

障がい者サポートとは

弊社では障がい者雇用をサポートするセミナーを行なっています。始めたきっかけは、弊社代表の身近にいる障がいがある方に対する「適切な環境」の乏しさです。雇用されたとしても、障がいにばかり目を向けられて、長所を生かしきれない。また、雇用側も対応に神経をすり減らし、場合によっては体調を崩すメンバーも。障がい者雇用においてこのような問題があると知りました。

しかし、障がいがある方が働きやすい「適切な環境」があれば、こういった問題を未然に防ぐことができます。実際に弊社では、数年前より複数の障がいがあるメンバーがエンジニアとして就業しており、さまざまな取り組みを経て現在戦力となって存分に力を発揮しています。

「適切な環境」とは、個人の特性を本人・職場双方が理解し、さらに能力を活かせる体制を整えることです。仕事のやりがいを見出せる環境が各々の能力を高めます。それが障がいがある方の「自分が社会の役に立つ」という実感と自信につながるのです。また、こういった環境整備が雇用定着率を高めます。そしてこれは、配属先の負担軽減にもなります。

弊社ではIT企業ならではの特色を生かした他社にはないセミナーで、障がい者雇用の拡大と現場環境の改善をサポート致します。

障がい者サポートシステム"オルト"

障がい者雇用人事担当者様向けの業務軽減を狙いとした体調管理システムです。 障がい者自身で体調のセルフチェックを行うもので、軽度知的障がいの方でも使用可能なほど シンプルで使いやすい操作画面となっております。

体調の評価結果があらかじめ設定していた基準値を下回ると担当者にメールでお知らせが届く仕組みとなっておりますので、

1.体調不良にいち早く気づけます

2.ヘルプサインの気づきとなります

3.担当者間の情報共有に時間がかかりません

赤信号の前の黄色信号がわかることで、突発的な支援対応や突然の離職の意向の発生を軽減させることが可能です。

リモート勤務や、人数が多く個々の状況把握が困難だという課題を抱えている担当者様に是非ご活用いただきたいシステムとなっております。

オルトの詳細はこちらから


障がい者サポートプログラム「ナレッジスタック」とは

障がい者の方の就労サポート

IT企業で培われたロジカルシンキング(論理的思考)をベースにした実践に活かせる講義です。自社の障がい者雇用で培ったノウハウと有効だったコンテンツを組み合わせています。

  1. 業務や日常生活で起こる出来事の理解を深められる。
  2. 論理的な話し方・文章の書き方によりコミュニケーションの目的を再確認し、わかりやすい伝え方を習得する。
  3. 客観的に自身の行動を振り返れるようになることで自分の能力に気づき、高めて、業務効率向上を図る。
  4. 「障がい特性」ではなく、「個人特性」に合わせたカリキュラム

講義内容

物事の順序を“見える化”することで、論理的思考を身に付けます。

例)フローチャート

物事が完了するまでの工程を付箋に書き出す演習です。作成方法の基礎を学び、実際に作成いただくことで、自身の作業や行動を見える化することで客観的に振り返り、自己理解を促すことができます。これは業務の作業手順書にも活用できます。

例)おにぎりの作り方

「おにぎりの作り方」をテーマに、上記のフローチャートで作成します。日常をテーマにした演習によって、小難しくなく、より身近に論理的思考の活用方法や効果を実感することができます。頭の中で考えていることをアウトプットする感覚を体感することが重要です。

※採用前、採用後と必要時期に合わせセミナー内容をフレキシブルにカスタマイズ可能。

実績

研修会実績


  • LITALICOワークス横浜関内
  • LITALICOワークス水道橋
  • manaby横浜関内駅前事業所
  • manaby本厚木駅前事業所
  • 就労継続B型事業所(川崎)

他、大手損害保険会社等にて研修会を多数開催。

障がい者就労への取り組み

2020年4月10日付で神奈川県より「かながわ障害者雇用優良企業」に認定。
弊社にて障がい者3名を雇用、インターン生の受け入れ(国立大学)を実施。

ACCESS

神奈川県横浜市港南区大久保1-18-4 荒川ビル2階

GOOGLE MAP

CONTACTお問い合わせ